推深25m

煮水(nim1z)のブログ

オタク特有の何らか: アイマスを布教されて思いっきりはまったお話とミリオンライブ!に触れるまで

この記事は THE iDOLM@STER Series Advent Calendar 12月20日 の投稿です。前日の担当は たくみ(imas_cg集計) さん、翌日の担当は kokuyouwind さんです。
 
あなたのアイマスはどこから?
      ──私は楽曲から。
 
2015年に知り合った某氏から 765PRO 楽曲(GRE@TEST BEST)とシンデレラ楽曲の一部を一通り聴かされた聴かせてもらえたことが自分と「アイドルマスター」(以下アイマス)の始まりです。 
当時、アイマス10周年記念で BS11 にてアイドルマスター(アニメ)・劇場版アイマスシンデレラガールズ(アニメ)が放送されていたこともきっかけの一つです。
後にリリースされたシンデレラガールズ スターライトステージ(以下デレステ)はリリース当日にインストールこそしたものの、あることが起きた2016年12月まで特に何もしていなかったように覚えています。
 
目次

緒方智絵里との出会い

2016年12月、ふとデレステにて引いたガシャで SR[冬のメロディー]緒方智絵里 と出会ってから4か月ほどでもう沼にずぶずぶと…。
2017年8月、初のアイマスライブ LV (CINDERELLA GIRLS 5thLIVE TOUR Serendipity Parade!!! SSA公演2日目)に行ったり、智絵里がきっかけで知ったとある声優さんのトークイベントに行ったり…。いろいろ良い体験をしたと思っています。
 
しかし、ふと不思議に思ったことがあります。

3年間の(765PRO アイマスに関する)空白

なぜか一番最初に触れたはずの 765PRO アイマスに自分から触れることはありませんでした。
 
2017年6月にミリオンライブ!シアターデイズ(以下ミリシタ)がリリースされたとき。すぐにインストールしましたが、当時の自分のスマートフォン(arrows M03)では、アプリ起動から劇場の読み込みすらとんでもない時間が掛かっていたので遊ぶことが難しかった記憶があります。


ミリシタ1周年の頃

収録楽曲がそこそこ増えたり、13人 MV が実装されたりと驚くようなことが起きていたので、処理を気長に待ちながら少しずつ触っていたら、
ちょうど1周年記念イベント「BRAND★NEW★PERFORM@NCE!!!」が始まりました。
まだ当時は旧来の 765PRO のメンバーすら詳細を把握できていない状況で、ミリオンライブ!のメンバーなんてほとんど知らなかったはずです。

しかしある1人の少女が目に留まりました。矢吹可奈

気づいたときには直感でヌーベル・トリコロールを真っ先に入手していました。
自分でも理由はわかりません。
もちろんアイドル別ランキングも矢吹可奈に設定していました。
決定打はミリシタ1周年期間中の無償ガシャですぐに SSR[笑顔咲かせるマーチング] が来てくれたことと、その覚醒後コミュです。(コミュの内容は割愛します)
かわいい。
ちなみに1周年イベントの結果は以下の通りです。初めてにしてはそれなりにできたかな?やぶきかな?と思いました。参加した方はお疲れさまでした。
 

f:id:daicx58:20191219165504p:plain

BRAND★NEW★PERFORM@NCE!!!のアイドル別最終結

このゲーム内イベントへの参加をきっかけとして、可奈はもちろんミリシタに、765PRO アイマスにどんどんのめり込んでしまいました。
今まで生きてきてまともにゲームで遊ばなかった(むしろゲームは時間の無駄だと思い込んで無意味に避けていた)人間が、ほぼ毎回ゲーム内イベントに参加してしまうくらいにはなりました。
 
ここまでアイマスにのめり込んで幸せか、幸せでないか、と聞かれたら、今は前者を答えると思います。アイマス最高。

f:id:daicx58:20191219165756p:plain

最近お気に入りのアイドルちゃんたち。ダイマお待ちしております。

この画像のメンバー以外には木下ひなたさんが気になっています。

矢吹可奈の好きなところ

f:id:daicx58:20191219171317p:plain

[フラワーリングパレード]衣装を着てもらった。髪飾りがト音記号

アホ毛。かわいい。

・とにかく楽しく歌を歌う。元気がもらえる。
・とにかく表現が豊か。かわいい。元気がもらえる。
・本当に目標に向かって頑張っている。応援したい…いや自分がプロデュースしているのか
 ・ソロ曲「おまじない」が良かった(このブログのタイトルにしてしまいました)
 
いやぁ矢吹可奈。おわり。

おまけ:アイマスタイトルが快適に遊べそうな Androidバイスの SoC 選びと傾向

ちょっとだけ知見が集まってきたので書いておきます。

・各タイトル・設定ごとの最低ライン
 デレステ
     ~3D標準:Snapdragon S4 Pro(APQ8064)・RAM2GB
 3Dリッチ標準:Snapdragon 800/808/625/450 クラス(Adreno 330/418/506 クラス)・RAM2GB
      3Dリッチ高画質:Snapdragon 660 クラス(1920x1080時)・画面解像度が高いほどパワーが必要
 
 ミリシタ(各画質モードは13人モードを含む)
  ログインと2Dライブ:Snapdragon S4 Pro / 410・RAM2GB + ZRAM
     ~3D標準:Snapdragon 808/625/450 クラス(Adreno 418/506 クラス)・RAM3GB・画面解像度 1920x1080 以内
     3D高画質:Snapdragon 660 クラス・RAM4GB + ZRAM
     39モード:Snapdragon 845 クラス
 
ミリシタはデータのダウンロードや読み書きなど I/O 要求が厳しい上に 39 モードを動かすことも考えると Snapdragon 845/855 に UFS は必要です。
しかし 39 モードはとりあえず観られればいい、充電しながらでも安定して長時間遊びたい、予算が限られている、といった場合は Snapdragon 660 クラス以上なら十分だと思います。
実際、UNI-ON@IR!! は arrows NX F-01K にて最大充電量を 85%  に設定して 3D 高画質でやっていました。温度が上がって動作クロックが落ちる、長時間稼働で動作が不安定になるなどといったトラブルは全くありませんでした。アローズなのに熱くならない
タッチパネルも歪みにくい筐体のおかげで安定しており、イヤホン端子の出力も音質は非常に良い(ノイズや歪みが少ない)と思います。
しかし arrows 、少なくともこの記事を投稿した時点では低遅延オーディオに対応するモデルやハイエンドモデルが存在しないのが欠点です。
2Dライブならば S4 Pro や 410 でも動くと書きましたが、CPU・GPU共にパワー不足で起動や読み込みが非常に遅く、デバイスによってはサデータダウンロードが発生しただけでメモリが埋まって LMK や OOM Killer が頻繁に発動するのでおすすめしません。
(ここ最近の arrows のメモリ管理が優秀すぎて気になります…メモリ使用量が実装量超えても何事もなく動き続ける…ZRAM にしてもスムーズすぎる…)
もしかしたら Apple  A12 Bionic 以上を搭載するデバイスを選ぶ方が無難かもしれませんが、2013年以来 iOS から離れてしまった私にはわかりません。そのうち触りたいなと思っていますが難しい…
※現状 Apple iOS 使用経験は iPod touch 5th, iOS6~7.0.4 が最初で最後。A5 で iOS7 は厳しかった記憶。
デレステは未だにリリース時に存在したデバイスでも当時の設定ならば動きます。
 
やっぱりスマートフォンはできるだけハイエンドを選ぶべきです。